米国サプリメント業界団体による消費者調査

ようやく日本も、薬で治す時代から、サプリメント等で予防する時代へ入ってきましたが、栄養専門家のなかには、トクホ飲料やサプリメントなどが流行する背景には、食生活の乱れを指摘する声も聞かれます。消費者の中には、偏った食事を、トクホ飲料やサプリメントが帳消しにしてくれるという、誤った考えを持つ人がいるのではないかと言うのです。もしそうであれば、それはとても危険なことです。

食事とサプリメント

日本よりもかなり早い時期からサプリメントが使用されてきたアメリカでも、同じような懸念を抱く医療専門家もおり、国民が栄養改善を目的として、サプリメントを食事の代替としてしまう可能性を指摘し、サプリメントの日常的な使用を推奨することに、消極的であるということが分かりました。そうした背景を受け、アメリカでサプリメント使用者2,000人以上に対して、調査が行われました。
その結果、消費者の約90%は、「栄養不足の補完に役立つものの、健康的な食事の代替品としてみなすべきではない」と認識していることが確認されました。このことからアメリカ人は、サプリメントのメリットと限界を踏まえたうえで、健康を維持する方法としてサプリメントを役立てているという結論を出しています。
また、サプリメントを有効に活用している人ほど健康意識が高く、より良い食生活を維持していたり、他の健康的な習慣を取り入れる姿勢を有していることも分かりました。